タバコは扁桃腺炎に悪いか

扁桃腺炎にかかる要因は疲れや免疫力の低下が関係しているだけではないようです。

もちろん疲れがたまり体力が落ち免疫力が低くなったりすると、
風邪をひいたり扁桃腺を腫らす場合があります。

扁桃腺炎にかかる要因のひとつにタバコがあげられますが、本当に関わっていると思いますか?

ここでは扁桃腺炎とタバコの害の関係についてお伝えします。
1-10

タバコの害は扁桃腺炎と関係があるか?

扁桃腺炎は、仕事などで疲れがたまって体調不良をおこし風邪をひいて体力が落ちるなど、
免疫力が落ちたりすることで、病原菌やウイルスにおかされて炎症を起こします。

タバコは咽頭・気管支・肺にはよくないことはよく知られていますが、
タバコは扁桃腺炎によくないような気がしますが本当にそうなのでしょうか?

実は、扁桃腺炎とタバコについてですが、直接的な因果関係はない可能性が高いようです。

扁桃腺炎は、扁桃腺に付着した菌やウイルスによって引き起こされる炎症反応です。

はじめから菌やウイルスがついているタバコって売ってないですよね。

どこかの時点で菌やウイルスが扁桃腺に付着する可能性はありますが、新品のタバコを吸って菌やウイルスが扁桃腺につくなら、タバコを吸っている多くの方が扁桃腺炎になるはずです。

このことからも扁桃腺炎とタバコの直接的な因果関係はない可能性が高いです。

扁桃腺炎を引き起こすタバコの害もある

扁桃腺炎とタバコの直接的な因果関係はない可能性が高いですが、実は、タバコを吸えば心肺機能が侵され免疫力が落ちますし、タバコの喉への刺激は有害なのです。

このことと関連しますが、タバコを吸って扁桃腺炎になる方は、次の2つのうちのどちらかの扁桃腺炎になる可能性が高いといわれます。

1.習慣性扁桃炎
 習慣性扁桃炎は、急性扁桃炎を年に3~4回繰り返す病気です。
 子供だけでなく成人してから発症する場合もあります。
 症状は急性の扁桃腺炎と同じで、高熱や強い咽頭痛などがあります。

2.慢性単純性扁桃炎
 慢性単純性扁桃炎は、持続的な喉の痛みや乾燥感、違和感、微熱などの症状があります。
 急性扁桃炎から移行する場合と、喫煙や飲酒、化学物質の吸入など、扁桃腺に対する炎症性物質の持続的刺激が原因となるようです。

タバコを吸って扁桃腺炎になる方は、たぶんタバコの煙の中の成分に対する免疫が弱い方で、
2.慢性単純性扁桃炎の可能性が高いのではないかと思われます。

尚、タバコの煙の吸引防止にマスクが効果的のように思われますが、
タバコの煙を完全に遮断できるマスクは存在しないようです。

1-10-2

扁桃腺炎をがまんするか?タバコをがまんするか?

タバコを吸っているから扁桃腺は腫れてしまう。でもタバコは止められない・・・という方

タバコの害による扁桃腺炎を気にされているのでしたらタバコを止めるか、
新しいタイプの体に害のない電子タバコを吸うかのどちらかしかないと思います。

「どうしても吸いたい気持ちを我慢できない!」というのであれば、
電子タバコにしたほうがこの先の人生を考えてみてもよい選択だと思いますよ。

電子タバコを吸われるのであれば、ほかの人にも迷惑がかからないですし体にも環境にもよく、
最近ではファッションアイテムとしてマスコミに取りあげられているくらい良い傾向として話題になっています。

電子タバコに変えることで最近のタバコ税値上げや喫煙所の隔離、
堂々と吸える場所の確保が難しくなってきている問題は、これで解決するはずです。

どうしても吸いたい気持ちを押えられないのであれば、電子タバコに変えてみることが、
自分や周りの人の健康のためにもなると思います。

最近の一番流行はこの電子タバコで、今ならプレゼント企画もやっているようです。

電子タバコを始めるなら、イータバコの【eRollスターターキットスペシャル】
煙が多い爆煙仕様! 便利な本体2本入り!今ならお試しリキッドプレゼント!

 


タバコはやめないで扁桃腺炎を改善したいならこれ