寝だめをすると疲れがとれるのは本当か?

仕事で疲れた体を癒そうと休日をゆっくりと昼すぎまで、あるいは夕方まで寝だめをしている方はいませんか?

その休日の寝だめは逆効果で「不眠」や「抑うつ」を訴える割合が高く危険です。

なんで寝だめはだめなの?

睡眠は本来、体内時計によってコントロールされています。睡眠に一番大切なことは、毎日のリズムを守ることなのですが、 疲れを取ろうとする寝だめによってその体内時計が狂わされてしまうんです。

その証拠に、寝だめをしたその日の夜は寝つきが悪くなり、かえって睡眠の質が低下するきっかけになってしまいます。その結果次の日から始まる仕事に大きく影響してしまうい、体内時計が戻る頃にはまた休日が訪れて、また寝だめをしてしまうと同じことの繰り返しになってしまいます。

それを回避するためには休日は早く起きることです。

眠いかもしれませんが寝だめはしないで休日は早く起きることです。そして休日は家でゴロゴロしているよりもちょっとした運動でもしたほうがストレス発散にもなり、体調も良くなります。

日中の程良い運動が眠りを誘うので、早く起きたこともありその分早く眠くなるので、質の高い睡眠を得ることができます。その結果休み明けはすっきりと目覚めることができます。

疲れるから寝だめをするのか?寝だめをするから疲れるのか?多分はじめは疲れをとることが先だとは思いますが、人生の3分の1は睡眠であるというくらい睡眠は人間には絶対に必要なものなのはあなたもよく知っていると思います。

ではあなたは効率的に質が良い睡眠ができていますか?ほとんどの方は良い睡眠ができていないのでだるさが残り疲れがたまると言われます。ここではあなたには疲れを取るために、効率の良い睡眠の取り方についてお伝えしていきます。

睡眠環境を変えると疲れは改善する

疲れを取るには質の良い睡眠をとることはよく知られていることです。それだけ睡眠は疲労を回復するための大きな役割を持っているんです。

しかし現代人は睡眠時間が足りていなくて疲れるという人が多いように思えます。逆に睡眠時間を多くとりすぎて疲れているという人もいるようです。

このように、だるさや疲れを取るためには「悪い睡眠を改善しなければならない」ということを知っておいて欲しいです。