男の冷え性を改善するサプリメント

男でも寝る時に足が冷える方が増えていると言います。

男の冷え性は恐ろしいことに内蔵で進行しているといいます。冷えは自律神経の働きを乱し男の場合は肝臓や腎臓に影響がでますが、特に男の冷えは腎臓を弱くするといいます。

男の冷え性の症状として頭痛、めまい、手足のしびれ、胃のもたれ、疲労感、動悸、不眠など体いたるところに不調をもたらすなど冷えは活力をうばいます。普段から内臓を冷えから守るために運動や栄養、ストレス、睡眠不足、アルコールなどに注意したほうがいいということです。

では男の冷え性を改善するサプリメントはあるのだろうか?

冷え性と低体温の違い

「冷え性」と「低体温」は似たような捉え方をしてしまいそうですが、その2つの違いがよくわからないと思いませんか?

「冷え性」と「低体温」はいったいなんなのでしょうね。

まず「低体温」ですが、
「低体温」というのは体温を測った時に、一般的に35℃台の人を指すようです。本来は35℃以下の人を指すのですが 「低体温」は体の中枢の深部体温(内臓の温度)が低くなることを指していて、はっきりと数字で表すことができます。

冷え性は体温が低いこと?

では「冷え性」の人は体温が低い「低体温」のことなのでしょうか?そんなことはないようで、「冷え性」と「低体温」は全く別の意味があるようです。

「冷え性」は「低体温」のように体温が何度以下ということではなく実際の暑さや寒さにも関係ないようで、 一般の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身など体の一部や全身が異常に冷えを感じてしまう状態のことです。
夏でも寒くて靴下を欠かさず履いている人を見かけたことはありませんか?その他にも手がかじかんだりひどい場合はしもやけになってしまうなどの症状もあるようです。そのような方がいわゆる「冷え性」と言われています。
しかし「冷え性」の場合、実際に体温を測ってみると正常な数値であることがほとんどなのです。 体温は「深部体温」といって体の中心の温度を測っているのですが、実は冷え症の人が感じる辛さは手足などの末端の冷えなのです。

意外に多い夏の冷え性

冷え性というと冬を連想しますが、冷房の効いた現代では夏の冷え性も多く見られます。 外の暑さで汗をかき、冷房がきいた室内で冷やされ、汗が乾くときにも熱が奪われて冷え性の原因となってしまうというパターンです。 これに加え、冷たい生ビールをガブガブ飲む、暑いからと浴槽に入らずシャワーですませるといった夏の生活習慣も、冷え性を招きます。
「冷え性」は女性に多い症状で、もちろん個人差はありますが女性の半数から7割近い方が冷えで悩んでいるようです。原因はいろいろあるようですが、女性は男性に比べると、筋肉が少なく熱を作り出しにくいことや手足の血管が収縮したり、 皮膚の表面温度が低かったり、貧血や低血圧の人が多いことなど血流が悪くなることが大きな原因のようです。

男性にもある冷え性

「冷え性」は女性だけの症状、女性に多い症状と思われがちですが、1割の男性が「冷え性」であるという調査結果が出ているくらい冷え性に悩んでいる男性がいるようです。
実は私も「冷え性」なんです。TT

男性の冷えの主な原因

男性の冷えの主な原因として次のことが考えられます。

 運動不足による血流の悪化
 動脈硬化
 更年期障害などホルモンバランスの変化

「冷え症」は主に、血液が行き届かなくなったり血流や血行に問題があり血液循環が悪くなっておこるようです。 「冷え症」の中でも病気に当てはまらない「冷え症」は 、栄養バランス、運動不足、ストレスが主な原因です。女性に多く見られる鉄分不足などは自律神経が乱れやすく、冷えの症状とともに便秘や貧血などの症状になりやすいです。

男性の冷えはサプリメントで改善できるか?

男の場合、女性と違って料理を作って体質改善するなどと考える人はまだまだ少ないので、なにか手っ取り早く冷え性を改善する手段を考えるわけです。そこで手っ取り早く冷え性を改善出来るかもしれないものにサプリメントがあるわけです。
さて男性の冷えはサプリメントで改善できると思いますか?サプリメントを飲んだだけで寒い冬でも靴下を履かないで寝ることはできるのでしょうか?

私が試したサプリメントで、厳寒の1月であっても靴下を脱いで寝られ、実は今でも靴下なしで寝られているサプリメントがあるんです。

その効果を実感したサプリメントとは、にんにく卵黄のサプリメントで「にんにく玉ゴールド」っていうのを飲んだんですが、飲んで2日で足が暖まることを実感できたので、その時からいくら寒くても靴下なしでも寝られています。