疲れる悩みを睡眠環境で改善する方法

睡眠は自分の周りの環境によって質が変わってくるので、良い環境で睡眠をとらなくてはなりません。では睡眠環境を良くするにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、だるい、眠い、疲れる悩みを睡眠環境で改善する方法をお伝えします。

睡眠時の温度設定ひとつでも睡眠環境は変わる

睡眠をしている時の温度はとても重要です。

夏に暑すぎて寝られず翌朝にだるさを感じたことはありませんか?涼しくてよく寝られることができればだるさを軽減できるはずです。最近では涼しく寝れるマットレスのようなものも販売されているので試してみるのも良いですね。

逆に寒すぎると、足が冷たかったり首元に冷たい空気が触れなかなか寝付けなかったり、しまいには風邪を引いてしまったりしたことはないですか?たくさん布団をかけると重くなり朝起きると体が痛くてだるさを感じる時もあります。

ちょうど良い睡眠環境にできるように自分で考えながら軽くて暖かい羽毛タイプの掛け布団や掛け毛布を選んだり、あまりおすすめはしませんが最終手段として部屋の冷暖房や電気毛布などを使って睡眠環境を整えましょう。

寝る時に食べ物を胃に残してはいけない

あなたは夜何時に夕食を食べ終わりますか?もしくは夜何時まで口の中に食べ物が入ってモゴモゴしていますか?^^

食べ物を食べると胃の中に消化しなくてはいけない食べ物が残ってしまいます。寝ている時に食べ物が胃に残っていると負担がかかることで眠りが浅くなってしまいます。

睡眠環境をよくするためには最低でも寝る 3時間前には食事を終わらせて胃に負担をかけないようにすると良いです。

食べてすぐ横になることは健康に良い

あなたは食事をすませて満腹になると眠くなることはありませんか?お昼を食べ終わって満腹になると眠くなりつかさず横になって寝たくなりますよね。それは、食後に食べ物を消化するために胃腸周辺に血液が集中することで頭に血が行くづらくなるためなんです。

例えば、食後に体を動かすとどうなるかというと、血液が筋肉のほうに回ってしまうことで、胃腸へ行くはずの消化を助けるはずの血のめぐりが悪くなってしまうんです。こんなことをしていては食べ物を十分に消化できないので、消化を助けるには食後30分くらいは横になるといいです。

横になる時のポイントは、胃の出口が右側に寄っているので自分の体の右側を下にして横向きに寝ると効率的に消化を助けてくれます。

食後すぐに睡眠するのはよくない

食後すぐに睡眠するのがよくない理由があるんです。

 睡眠の質が悪くなり翌朝だるさが残る

食後すぐに睡眠をとると胃に内容物が長時間留まり胃腸に負担をかけるので消化機能が低下し、体にも負担をかけてしまいます。

胃の中に消化しなくてはならない食べ物がある場合は、睡眠時であってもエネルギーは消化に費やされます。

そのため、睡眠時に体全体に巡らなければならない血液やエネルギーが消化に集中して費やされてしまい、体がリフレッシュできずに翌朝の寝不足や体のだるさ、疲れを感じるんです。

夕食を食べてすぐ寝てしまったり満腹に近いまま寝てしまう人の場合、朝起きて胃が重く感じたりと寝起きの体調が悪いようです。

体のだるさ以外にも

 逆流性食道炎になる可能性がある
 脳卒中など様々なリスクが高まる
 太りやすい

これらのリスクが高まるので食後すぐに睡眠するのはよくないです。