炭水化物不足の時なにを食べれば疲労感が取れる

今朝はちゃんと食べましたか?タンパク質であるご飯を全然食べてなかったりしませんよね。

最近炭水化物を抜いたダイエットなるものが流行っているようです。

このダイエットの原理は、

1日に必要なエネルギーのうち、半分程度は炭水化物から摂取しているんですが、この炭水化物を全く摂らないことでカロリーを抑え、脂質を代謝させるということで効果が期待されているダイエットです。

炭水化物を抜くのはダイエットには効果的かもしれません。

でも、疲れにくい体にするためには体を動かすエネルギー源になりやすい炭水化物をしっかりと取ることが大切です。

また、肉や魚などのたんぱく質もしっかりと取ることで血液や筋肉の材料となるため、毎日の食生活には欠かせません。

炭水化物とは

炭水化物って一体何だと思いますか?炭水化物というのは、三大栄養素である「脂質・糖質・タンパク質」の中の「糖質」のことで、主な食品は、白米、パン、麺類、かぼちゃ、イモ類に多く含まれています。

糖質が含まれるのは砂糖や果物などの甘いものだけだと思っていましたがそうではないみたいです。

炭水化物の働き

炭水化物をとりすぎた場合

炭水化物を多く摂りすぎてしまうと体脂肪として蓄えられるので太る可能性があったり糖尿病や生活習慣病の心配があります。

お酒や砂糖たっぷりの菓子パン・お菓子類は精製された炭水化物のため、吸収や蓄え率が高く、特に注意が必要です。

炭水化物を取り入れることで、身体は活動し、その時に熱が生まれます。
身体や筋肉、脳を働かせるための体温を作るのも、炭水化物の役割です。

炭水化物が足りないと

炭水化物は脳のエネルギー源でもあるので、炭水化物が不足すると脳の指令が鈍り内臓の機能やホルモンのバランスの調節が誤作動を起こしたりといろんな所で体の不調がでる可能性があります。

炭水化物が足りずにホルモンのバランスの調節が悪くなると・・・

脳は体に栄養が十分補給できない状態と判断する内臓や神経、ホルモンも体に脂肪やエネルギーを蓄えるように働くため脂肪がつきやすく太りやすい体質になる燃焼するためのエネルギーがないので体は冷えやすく代謝が悪くなる

そのほかにも炭水化物が不足すると

・口臭や体臭がきつくなる
・心筋梗塞や脳卒中の危険性があがる
・肝機能が悪くなる
・腎機能が悪くなる
・体調が悪くなる
・筋肉も分解し始めるので筋肉が減る
・集中力ややる気がでなくなる
・疲労感がでる
・疲れやすい

炭水化物が足りなくなるとエネルギーが不足するので体が疲れやすくなる可能性があり、そこから体調を崩したりする恐れがあります。

炭水化物でなにを食べれば疲労感が取れる?

米、小麦などの穀類や、穀類を原料としているパン、パスタ、うどんやいも類、砂糖などが炭水化物なのでこれらを不足しない程度に摂るとよいです。

炭水化物以外でなにを食べれば疲労感が取れる?

鶏肉、クエン酸、アミノ酸を含む食品、ビタミンBの多い食品、ご飯と味噌汁、玉ねぎ、にんにく、

アミノ酸を含む食品例・・・牛乳、豆乳、チーズ、ヨーグルト、ヨーグルト飲料、アミノ酸飲料、ゆでたまご、おにぎり etc.

クエン酸を効率良く働かせる組み合わせ・・・クエン酸+糖質 (レモンのハチミツ漬け、フルーツジュース、梅干のおにぎり etc.)

ビタミンB群を含む代表的な食品・・・玄米、胚芽米、全粒粉のパン、豚肉