サプリメントって何?

最近ろくに食事を取らないでサプリメントばかり飲んでいる方がいるというのをよく聞きます。

サプリメントには主にダイエット、美容、健康などがあげられますが、あなたはサプリメントって一体なんなのか知っていますか?もしかしたら知らないで、効果が期待できるというだけで飲んでいませんか?

私も最近疲労回復サプリメントを実際に飲んでその効果を体感して、どれが評価が高いのかを調べてこのサイトでお伝えしているんですが、 ほとんどのサプリメントは薬のような即効性のあるものではなく、効いているんだか効いていないんだかわからないようなじわじわとした感じだけが受けとられます。

ここでは、効果が期待できるというだけなのかよく理解すらできていない そんなサプリメントについて詳しくお伝えしていきますね。

サプリメントってなに?

サプリメントを直訳すると「追加」とか「補足」という意味があるみたいで、普段の食事で取りきれていない栄養素を簡単に補う というような意味合いなんでしょうね。

最近テレビをつければサプリメントのCMばかり流れていますが、サプリメントは「栄養補助食品」というどうもしっくりしない中途半端なとらえ方で使われていると思いませんか?

「補助食品」・・・「助ける、補う食品」・・・

つまりサプリメントは、一般の食生活では不足しがちな、ビタミン・ミネラル、その他の栄養素を簡単に手軽に補給できるように作られた食品です。

最近多いサプリメントは、健康関連やダイエット、美容などがあって、生活で足りてない色々な目的を改善するためのサプリメントが開発されています。

サプリメントと薬の目的の違いってなに?

サプリメントと薬ってどこか似ているように感じると思いませんか?でも実は、サプリメントと薬は、その目的自体が全く違うので効果の現れ方も違うんです。

薬の場合、「治療目的」のために病気や症状に対して作用を及ぼし効果を期待するものです。

例えば花粉症の例で言うと、花粉症の薬を飲むと全ての人ではないですが効果が期待できるので、お医者さんに行って処方箋をもらって薬局で薬をもらいます。

処方箋(しょほうせん)とは、診療所や病院で診察を受けたあとよく会計と一緒にもらいますが、薬剤師が調剤に用いるために薬の種類・服用量・投与方法などが記載された指示文書のことです。

サプリメントの場合、サプリメントを摂ることで体の栄養バランスが整えられ、人間が元々持っている自然治癒力や免疫力を高め、その結果病気にかかりにくい体を作る「予防目的」で飲まれています。

サプリメントはそもそも薬のような治療効果を期待するのではないようです。

サプリメントは、形こそ薬に似ていますが、薬のイメージからすると苦いと思い込んで毛嫌いする人も多くいると思います。

確かに今でも苦い薬はありますが昔は特にひどかったです。苦い薬しかなかったんじゃないかな?

「良薬口に苦し(りょうやくくちににがし)」ということわざがあるんですが、「苦い薬はよく効くんだよ!」と子供の頃はよくそう語られて無理やり拷問のように飲まされた記憶があります。

子供の頃は苦い薬を飲みやすくする方法というのが少なくて、飲みづらい時はすぐに溶けるオブラートに包んで、何度挑戦してもやっぱりすぐに溶けるという苦い思いをしたりしました。最近では苦い薬をゼリー状でできたもので包むようにしてスルッと一気に飲めるようなものもあるようで小さな子供にも有効ですよ^^

サプリメントが現代人に必要な理由

あなたの体は疲れが残らずいつも健康であると感じていますか?常にスキッとした状態で過ごせていますか?栄養が十分に足りていることが実感できているでしょうか?

栄養素や気力が足りていないと自覚している多くの方はこんな体の不調に気づいているようです。

体にだるさを感じていたり・・・。 明らかに食生活が不規則で栄養が足りていない自覚があったり・・・。 病気じゃないけど、最近なんだか調子がでなかったり・・・。

こんな人は、すでに栄養素が足りていない場合が多いのです。

食事はちゃんと摂っているはずなのになんで?という方もいると思いますが、実は食べ物から栄養をたくさん摂っていると思っている人でも、現在の環境では十分な栄養を摂ることは難しいと言われてます。

例えば、 野菜や食品に含まれる栄養素そのものが減っていると言われています。

栄養を補給するために、サラダを食べるという方も多いかもしれません。しかしほうれん草やにんじんの例では、栄養がいっぱいあるというのは実は昔の話だったようですよ。

現在の野菜はというと、栄養素がかなり減っていて、ほうれん草ではタミンCが含まれる割合は、40年前の約1/5にまで減っているといいます。

インスタント食品や加工食品の例で言うと、栄養が豊富に入っているように思われがちですが、加工をする過程でビタミンミネラルを削り落としてしまうので、実は栄養は少なくカロリーだけが多い食べた気がするだけの食品が多いんです。

これらの現代の食事情から、サプリメントで現代人に必要な栄養素を補っていかないと自己治癒力や免疫力は高まらないのかもしれません。